ED治療薬のバイアグラが飲めない病気はどんな病気?

女性がこちらに微笑んでいる画像

バイアグラを飲めない病気

バイアグラは血管を広げるお薬です。血管は広がると血圧が下がってしまいますので、血圧が下がりすぎてしまう可能性がある場合は飲むことができません。血圧が下がってしまうと軽度のものでもめまいを起こしたり、短時間ながら失神してしまうこともあります。さらに重度になると意識障害が遷延したり、場合によっては死に至る可能性も否定できません。実際に日本でも解禁された直後に、バイアグラを服用して死亡してしまった症例が報告されています。これらの症例の多くが高血圧や狭心症などの循環器系の病気を持っていたり、その治療のためにお薬を飲んでいた人が多くいました。

ではどのような人が飲めないのでしょうか。まず、第一に狭心症などの発作予防や、発作時のためにニトログリセリンなどの硝酸薬を内服している人です。狭心症は心臓の筋肉に酸素や栄養を供給する冠動脈が狭窄したり詰まったりする病気です。冠動脈が収縮することで発作が起きてしまうので、硝酸薬で血管を広げて症状を改善しますが、内服すればお薬の成分は全身に回ります。ですから血圧を下げる作用もあります。このような状態でバイアグラを飲んで血圧の変動が大きく心臓などの循環器系に大きな負担を与えてしまう性行為を行うと血圧が下がりすぎたりするなどで意識障害や心停止を起こしてしまう可能性があるからです。ですからこのような硝酸薬を使用している人のほか、極端な高血圧や低血圧の人は飲めないお薬なのです。硝酸薬は飲み薬のほか、貼り薬などたくさんの剤形がありその種類もたくさん発売されていますので、必ず医師か薬剤師に併用しているお薬を伝え、一緒に飲んでも問題がないのかを確認する必要があります。

ほかにも飲み合わせが悪いお薬があり、併用すると致死的な不正脈などを起こすものがあります。不整脈のお薬の中でもアミオダロンというお薬は併用は絶対してはいけないお薬となっています。出来るならば不整脈の薬を飲んでいる人も飲まないほうが安全でしょう。さらに当然ですが、それまでに飲んで強いアレルギー症状を引き起こした人はバイアグラは飲めません。

ほかにはバイアグラの内服が不適切な人として、脳出血や脳梗塞を起こしたことがある場合は、稀ながら大きな血圧の変動が脳血管疾患の再発に影響を及ぼす可能性があるため飲めませんし、網膜色素変性症という目の病気を抱えている人も病状の悪化をきたす可能性があるため飲まないほうが良いとされています。