今後、新しくバイアグラみたいなED治療薬が出る可能性はある?

指先でカプセルを持ってみせている画像

新しいED治療薬は今後出る?

世界中で発売されているED治療薬、即ち勃起薬というのは、 1998年にアメリカのファイザー社から発売開始されたバイアグラが世界初となります。この薬は日本でも翌1999年には勃起不全医療用治療薬として初めて正式に認可されました。

その後、2003年にはドイツ・バイエル社から発売され、翌2004年に日本で正式に認可されたのが世界で二番目のED治療薬・レビトラです。さらに2003年にアメリカのイーライリリー・アンド・カンパニーから発売され、2007年に日本で認可されたシアリスは、先行二品とは成分が大きく違っており、長時間にわたって効果が持続するという特徴があります。

このように勃起薬は嚆矢であるバイアグラが出てしばらくはファイザー社の独占状態だったわけですが、競合薬が出てきたおかげで選択の幅が増えました。もちろん、今現在も新たなED治療薬の開発が世界中の製薬メーカーで進んでおり、今後さらなる勃起薬の新製品が発売される可能性は十分あります。

ただ、いずれにしろ大事なことは、安心して使用できる勃起薬を見極めてから服用することと言えるでしょう。バイアグラ、レビトラ、シアリスはもちろん、今後出るであろう新しいED治療薬の場合でも、まずはきちんと正規品を使用するというのが大前提で、効き目が一緒なら偽物でも構わないという考え方は安全性の観点からおすすめ出来ません。ED治療薬は需要が世界規模でありますから、当然その市場は大きく、偽物を出してでも儲けてやろうと考える者にとっては、これ以上ない商売ネタとも言えます。言うまでもなくそのような者が作った薬がまともなものである可能性は低く、うっかり使用してしまえば、たちどころに健康を害するばかりか、命を危険にさらすことにすらなりかねません。

また、ED治療薬は正規品であっても服用方法を正しく理解していないと、飲んでもその効果を十全に発揮することが出来ないこともあります。たとえばバイアグラであれば、服用するのは空腹時で、服用後30分は安静にしていて、30分が過ぎたらば、普通に食事をしても問題ありません。

ただアルコール類に関しては、バイアグラの服用によって血行がよくなっていることから酔いが普段より回りやすいので、服用前後は飲酒は控えるようにする必要がある、といった具合にそれぞれの勃起薬で注意事項がありますので、それに沿った服用を心がける必要があります。いずれにしろ、今後とも、新たなED治療薬が開発・発売される可能性は十分にありますので、それらも併せ、よくよく吟味して、ご自分の体質に合った薬を見極めてから服用するようになさるのが良いでしょう。